キャッシングをよく理解し、賢く利用しましょう

法改正で使いやすくなっています

消費者金融などからお金を借りた場合に、厳しい取立てなど受けるという様なイメージが幾らか存在していますが、この様な取立てなどは実際には起こりえない出来事です。

なぜかというと、その様な取立てのやり方は現在の法律などのよって固く禁じられているからです。もし、その様な違法な取立てを行っている業者が存在しているならば、行政などに働きかける事によって営業停止処分にする事ができます。

この様な事に加えて金利なども法改正がすでに行われているので、以前よりも消費者金融は使いやすくなっています。また、借入しようとする額についても法改正が行われているので、その人の財務状況に応じた金額しか借入が行えなくなっています。

ですから、あらかじめ無茶な借り入れが出来ない仕組みが出来上がっているので、利用者にとっては大変使いやすくなっているのです。お金を貸してくれるところは銀行などもありますが、手続きや借入れの基準などが厳しいので消費者金融のほうが利用し易いといえ、直ぐにお金が必要な場合などは検討してみるのも一つの選択肢として有効であるといえます。

総量規制について

改正貸金業法において貸金業者は年収の三分の一以上の貸付が原則的にできなくなる、いわゆる総量規制が導入されました。銀行法で規制される銀行と名のつく金融業者は総量規制の対象外となります。

そうなれば一見すれば消費者金融をはじめとした貸金業者は貸付において銀行と比べて不利なように感じます。
銀行の方が貸金業者よりも貸付の巾が広がるような気がするからです。しかし、総量規制に引っ掛かるような融資の希望者に銀行があっさりとお金を融資するでしょうか。

もともと銀行や消費者金融などよりも審査が厳しいのは広く知られた事実です。総量規制を受けないで融資することは法律上可能でしょうが、事実上総量規制にかかるような融資希望者は銀行での融資は受けられないと考えた方がいいのではないでしょうか。

普通のこれでは貸金業者と銀行とでは不公平が生じているということで問題になりそうな気がしますが、そのような問題は実際には起こっていないのですから。

どの様に改正されたのか、概要を説明します

消費者金融は法律にのっとた営業をする必要があります。この法律は貸金業規正法と呼ばれていますが、平成22年に改正され現在では改正貸金業規正法として制定し直されました。

この改正によって以前まで社会問題ともなっていた多重債務やグレーゾーン金利に有効な規制がかけられるようになり、より安全に消費者金融を利用する事が可能になりました。改正された項目は以下の三点になっています。まず一点目には新規参入時の規制の強化です。

新たに貸金業に参入する場合には純資産5000万円が必要になり、宣伝なども規制の対象となっています。加えて、利用者に保険契約の禁止を行い保険金による返済を禁止しています。

二点目は借り入れ額の規制です。年収の1/3以上の貸付が原則的に禁止されているので、無理な貸付を防いでいます。

三点目の規制は、金利の規制です。金利の上限を引き下げる事(上限を15~20%に抑える)によってこれまで問題となっていたグレーゾーン金利を解消するように規制されています。なお、もっと詳しく知りたい方は、金融庁おいて詳しく解説されているので確認してみることをお勧めします。

消費者金融の社会的意義について

私の個人的な体験から、消費者金融ほどその利用者の意識によって、善にも悪にもなる会社はないと思います。例えば、どんな会社やお店にも、それなりの問題点があります。しかしその事を一々問題だと声を荒げる事もないですし、必要もありません。

それが、消費者金融になるとそれが悪だと主張をする人は、資本主義や民主主義が分かっているのか、理解できません。お金がなくて、困っているから消費者金融で借りて、それを返済する為に一生懸命働く。シンプルな社会原理だと思います。

金利の高さが問題という声もありますが、それならなぜ消費者金融の大元は有名な大銀行なのでしょうか。そして、その金利を認可し認めている国に問題があると思います。消費者金融はその融資までの、圧倒的な速さで世間から認められてここまで急成長をしてきまた。

そして、今ではネットにも対応しコンビニのATMも使えます。逆に銀行が、この便利なサービスを導入しない方がオカシイのです。私は最近は利用していませんが、以前のように生活が苦しくなれば真っ先に消費者金融に頼ります。それが、この国の本当のルールで、正義だからです。

確実に即日借入れを可能にするには

消費者金融では即日で借入れが出来るところが多いですが、申し込みの仕方や時間帯によってはその限りではないので注意が必要です。即日借入れを実現したいのならば、幾つかのポイントを押さえて申し込みする必要があります。

一つ目のポイントは、借入額を50万円以下に押さえる事です。なぜかというと、50万円以下で借入れを申し込むと収入証明書を消費者金融側から要求される事がなくなるからです。これは、50万円以上の借入れとなると消費者金融側の審査も厳しくなり、結果的に審査完了までの時間も掛かってしまうためで、借入れを申し込んだ時間によっては実際に手元にお金が届くのが翌日になってしまいます。

また、確実に即日借入れを可能にしたいのならば、借入額を30万円以下にしておくと確率が高くなります。もう一つのポイントは、自身が既に所有している銀行口座が消費者金融と提携しているところで申し込む事です。

大手消費者金融業者などは銀行と提携して営業しているところがあり、その様な消費者金融ならば借入れ依頼後すぐに口座に入金が可能になる場合があります。メガバンクなどは大手消費者金融と提携しているところも多いので、申し込みをする前に確認して見るといいでしょう。
>>>即日キャッシングですぐにお金を借りる

上手に使えばキャッシングで生活が楽になる

キャッシングは借りたお金に金利がいくらかかってくるかわからなくて使うのに躊躇している人も少なくないかもしれませんが、うまく使えばそんな心配をしなくてもよくなります。返済時に金利が多くかかってしまうのは、出費を先延ばしにしたいという人間の心理によって引き起こされるからで、短期間で返せばごく小額で済むどころか借りた額だけを返済すればOKという場合もあるのです。

なので、私は給料日やその他の収入が近くてその上で現金が必要に迫られたという状況のみ、キャッシングでお金を借りて無事やり過ごしたら返済するという方法をとっています。

一番金欠になるのはこうした収入が確定している日の直前という人がほとんどだと思います。しかも何故か、そんなときに限ってまったく予定のなかった出費が立て続けに重なるものです。

それをどう乗り切るかといったらキャッシングを利用するのが現代人に用意された賢い方法ですし、合理的に生活をやりくりする術といえます。

お金に困っている時

私は数年前給料が少なく、手取りでも11万ちょっとしかありませんでした。その時に、私は交通手段がありませんでしたので、車がほしいと思いました。しかし、車を購入するにあたって、資産が全然ありませんでした。

それでもどうしても車を購入したかったので、お金を借りるということを考えました。お金を借りる、つまり借金をするということになるので、まずはインターネットを使ってお金を借りる方法を探すことにしました。そして1番に出たのは、消費者金融からお金を借りるということでした。それからお金を借り、そのカードで、車を購入することができました。

一括で買うと、月々の支払いは無いのですが、このようにカードローンを組んで車の購入代金を支払うということになると、3年5年またはそれ以上の期間毎月お金を支払い続けなければなりません。

毎月支払う金額を少なくすれば少なからず心のゆとりもできますか、その分、支払い期間がどんどん伸びていってしまうのがデメリットです。しかし私は、この車を購入できたことにとても満足しているので、カードローンを組んだことは間違いではなかったと思っています。

繰上げ返済を活用して利息を減らす

キャッシングを利用した際に是非とも利用したいのが繰上げ返済です。キャッシングを利用すれば、最低限毎月の返済をきっちりすることが必要ですが、それをしっかりと実行したうえで余裕があれば繰上げ返済を検討しましょう。

もちろん、キャッシングの契約で繰上げ返済の条件を確認する必要がありますが、繰上げ返済を実行することが出来れば、利息を少なくする効果は大きいことを知るべきです。

通常の毎月の返済ではその返済金額はまず利息の充足に充てられることになり、残りの金額が借入元本の充当に充てられることになるので、借入元本が大きく減ることはありません。そのあまり減らない元本から次月以降の利息が計算されることになります。

しかし、繰上げ返済された金額は返済金額のすべてが借入元本に充当されることになりますので、借入元本が大幅に減ることになります。その大幅に減った借入元本から次月からの利息計算になりますから、利息が大きく減ることになるのです。

案外お得な消費者金融

消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りた時、利息を合わせたトータルでは銀行よりもかなり高くなるなぁなんて思っていました。銀行の方は審査で落ちたのでしょうがないのですが、ちょっと不満な感じでした。ですが、実際に全て払い終わって計算してみたらそんなに差がありませんでした。

普通に返していれば利息の安い銀行の方が圧倒的にトータル返済額は少ないに決まっています。ですが、消費者金融って案外独自の特典なんかがあります。私が利用していたところは、初月無利息を初め、何度か返済額に応じて無利息期間が貰えました。その結果トータルの返済額が銀行と大差なくなったみたいです。

さらにキャンペーンで某サイトで使えるポイントカードが貰えたり、オリジナルグッズが貰えたりと案外お得でした。実際に利用してみないと分からないことってありますね。

ですので誰かに相談されたりした時は私は銀行系のカードローンではなく消費者金融系のキャッシングをおすすめしています。今のところみんな満足してくれているみたいで良かったです。

トータルでは満足いくものでした

カードローンを初めて利用した時、申し込みはけっこう緊張しました。
私は普通の会社員ですし、他に借金などもありません。
普通に考えれば審査なんかは通ると思うのですが、なんとなく審査と言われると心配になるものです。

受け答えはなるべくハキハキしよう、挙動不審だと思われないようにじっとしていようなんて考えながら審査を受けていました。
結果どうだったかというと、とくに問題なくあっという間に融資OKの連絡がありました。かなり厳しく審査に数日かかるなんてところもあるようですが、私が申し込んだ所はそうでもなかったようです。

ただ、最高融資額はちょっと少なめでした。必要な金額は借りることが出来るので良いのですが、ちょっと不満でもありました。もう少し借りれても良いと思うのですが・・・まぁしょうがないですよね。

そのカードローンを利用してお金を借り、無事狙っていたものも買うことが出来ました。担当の人の対応も良く、トータルでは満足いくものでした。あとは次回もスムーズに融資してもらえるように頑張ってきちんと返済していこうと思います。

リボ払いをよく理解しよう

リボ払いってお手軽ですよね!でも、そこに落とし穴があるように思います。リボ払いとは、リボルビング払いの事ですが、先に支払い金額を設定しておいて、利用金額に関係なく、毎月一定の金額だけを支払うコースです。利用金額に関わらず、一定の金額しか支払わない事です。その残りは残高として残っていく、そういう仕組みです。

毎月の支払いが仮に一万円だったなら、その中に、利息も含まれています。なので実際本人は、いくらずづ元金が減ってるかわかっていないことがほとんどです。残高が多ければ当然ながら、一万円のうちの金利部分は大きくなるんです。フッと気がつけば、元金は全然減っていないなんて事がよくあるんです。

確かに、魅力的な支払い方かも知れませんが、たまには、一括返済してクリアにすることも大事ですよ。借りる喜びばかりを見ないで、返済する喜び、つまり残高が減っていく喜びも見つけてください。計画して利用することは、良いと思います。しかし、考え無しに気がついたら利用しているというのは、あまりオススメ出来ません。

しっかり計画性を持って正しく利用してください。